カウンセラーのこころ

アクセスカウンタ

zoom RSS 6.「心のトゲ(未完の事柄)」を抜くゲシュタルトのワーク

<<   作成日時 : 2010/08/23 12:10   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 例えば、サークルやグループに入っても、何だか仲間外れに
されそうで、とけこめない24歳のAさん。みんなと楽しそうに騒
いでいる人たちを見るとうらやましい気持ちや、腹立たしい気持
ちや、孤独感が湧いてきてしまいます。最近では新しいグルー
プに入るのが怖くて、つい一人でいることが多くなっています。
そういうところを治したくて、Aさんはゲシュタルトのグループ・
ワークショップに来ました。
 ファシリテーターは、Aさん以外の参加者たちに輪になっても
らい、親しげに話しをするふりをしてもらいました。(ゲシュタルト
では、こういう実験をよくやります。)輪の外にいるAさんは、そ
の様子を見て「とても寂しい。私も仲間に入りたい」と言います。
「中に入ろうとしてみて下さい」と言われたAさんが、輪に入ろう
とする瞬間にファシリテーターが「今、何を感じていますか?」と
聞くと、Aさんは「怖い!」と言います。「何か思い出すシーンは
ありますか?」と聞かれたAさんは、即座に「小学校1年の時に、
みんなからいじめを受けてたんです」と答えます。みんなと一緒
に遊ぼうと思って友だちが集まっているところに入った瞬間に、
みんなから「お前なんか、入れてやらない」と言われ、いろいろ
なひどい言葉を浴びせかけられたことを思い出したのです。つま
り、Aさんの心の中に、大人になった今でも、この時のショックが
トゲになってささっていたんですね。
 Aさんは、いじめられた瞬間に感じた怒りや悲しみをクラスの子
たちにぶつけることをせずに、飲み込んでしまいました。そりゃそ
うですよね。その時にそんな感情を言葉にしてみんなにぶつけた
ら、何をされるかわかりません。もっとひどくいじめられる怖さが、
怒りや悲しみを表出することを止めてしまっていたのです。このよ
うに、身体の外に出さずに心の中に飲み込んでふたをしてしまっ
た感情が、トゲの正体です。(もちろん、トゲを作ってしまった体験
が何かは、人によって違います。)
                      この続きは、また次回…。
http://www.gestalt.co.jp

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
6.「心のトゲ(未完の事柄)」を抜くゲシュタルトのワーク カウンセラーのこころ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる