10. 正しいグチのこぼし方

前回「この続きはまた後日」と書きました。それは本当に後日
にして、いきなり話しが飛びます。未完の事柄は、お金を払っ
てゲシュタルトセラピーのワークする以外にも、〝グチをこぼす〟
という方法で、ちゃんと完了できることが多いのです。ただし、
正しいこぼし方と、間違ったこぼし方があります。これは、覚え
ておいた方がいいですよ。

グチといえば、仕事帰りの赤ちょうちんのサラリーマンの姿が
どうしても浮かんでしまいますよね。『まったくウチの課長った
らさ、昨日はああしろって言ってたのに、今日はこうしろだぜ。
ああいうことだから、いっつも納期に遅れちゃうんだよな。課長
として失格だよ、アイツは。おまえもそう思わないか? バカだ
あいつは!』というのは、実は間違ったグチのこぼし方です。
きっとこの人は昼間、課長に言われた何かが「未完の事柄」、
つまり心のトゲになってるんでしょうね。

「未完の事柄」というのは、前にも書いたように、身体の外に
表出せずに心の中に残ってしまった感情です。きっと、この人
も課長の前では言いたいことを言えずに、その時に吐き出した
かった気持ちをグッと飲み込んで我慢してしまったのでしょう。
ま、サラリーマンやってたら、これは仕方ないことです。会社
の中で言いたいことばかり言ってると、大変なことになります
からね。だからグチをこぼすことになるのです…。

じゃ、正しいグチのこぼし方って、どんなんでしょう。私がそ
の人だったら、『まったくウチの課長ったらさ、昨日はああしろ
って言ってたのに、今日はこうしろだぜ』って、ここまでは同
じです。でもその後は、『それ聞いたらさ、オレ、ほんとブチ切
れそうになったぜ。腹の中が煮えくりかえったっていうか…、
また煮えくりかえってきちゃったよ。ほんと腹立つよな。バン!
(カウンターをこぶしで叩いた音)』みたいな感じです。

つまり「アイツは~」と課長のことじゃなくて、「オレは~」と
自分の感情を吐き出すのです。
(この続きは…どうしよう。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック